2017  WWA ASIAN WAKEBOARD TOURとは?

logologologologologo

WWA ASIAN WAKE SERIES

2017年からスタートするプロ、アマがアジアをサーカス転戦し、アジアシリーズチャンピオンを決定するシリーズ戦がスタートします。アジアシリーズは、アジアで最も成熟した日本の四国の“へそ”である徳島県三好市で開催となり、池田湖にアジアのアスリートが集結する。折り返した第2戦は台湾に上陸し、熱いセッションが行われる。そして、最終戦はお隣の韓国で開催され、2017年のシリーズチャンピオンが決定される。また、各大会は各国の地方大会や様々なイベントと併催され盛大に開催され、各国の文化交流の場となり、多くのメディアとギャラリーの注目の的となる。

★WWA ASIAN WAKE SERIES

  • 第1戦 日本徳島県三好市 7月28-30日
  • 第2戦 台湾台北市    8月4-6日
  • 第3戦 韓国金浦市    9月22-24日

※プロ、アマクラス別の各大会の順位に応じてシリーズポイントが与えられます。全戦が終了した時点のシリーズポイントの合計でシリーズランキングが決定します。
【2つのアジアタイトル】 ★アジアチャンピオン ★アジアシリーズチャンピオン

WWA ASIAN WAKE SERIES in LAKE IKEDA

ご挨拶

2016年9月に徳島県三好市で世界初開催されたアジアウェイクボードチャンピオンシップは、アジア各国のトップアスリートが集結し、パフォーマンをぶつかけ合い、友情を高め、文化交流の場となりました。この歴史的な出来事は、まさしく“Asian Wakeboard Summit”となり、各国アスリートたちの心を動かし、2017年よりインバウンドで加熱するアジア4ヶ国を転戦する“Asian Wakeboard SERIES”をスタートさせることになりました。歴史の1ページを開いた徳島県三好市は、豊かな吉野川の清らかな水に恵まれ、大自然に囲まれた資源を活かした三好市まるごとウォータースポーツコンプレックスとして、あらたな観光資源を活かして地方振興に取り組む第一歩を踏み出すことになりました。
2017年は、その“Asian Wakeboard SERIES”を招致することで、アジア諸国に徳島県三好市の最高の環境とおもてなしをアピールすると共に、地域にウォータースポーツカルチャーを浸透させていくスタートの1年となります。誰もが訪れたいウォータスポーツの街、長く滞在しないと楽しさを満喫しきれない街、リピーターとして何度も訪れたい自然あふれる街、その実現こそが、あらたな雇用を創出し、世界に飛び出す国際感覚あふれる子供たちを育成し、この街に移り住みたいと願う人々を招きいれることにつながります。この実現のためには、地域の人々がウォータスポーツを楽しみ、それぞれの感性で自然を感じながら、水と大自然の恵みとウォータースポーツを愛することが最も重要です。
本イベントには、地域の人々に楽しみを喚起するウォータスポーツフェスティバルも併催し、地域の人々と力を合わせて、水の運動会を創りあげていきながら三好市まるごとウォータースポーツコンプレックスを創造していくコア(CORE)を誕生させるきっかけになれればと考えております。
引き続きご支援、ご指導、そして、ご鞭撻を受け賜れますように何卒よろしくお願いします。

2016年12月
世界ウェイクボード協会 副会長
アジアウェイクボード協会 会長
薄田 克彦

logologo

大会実施概要

事業名称
英語名:WWA ASIAN WAKE SERIES in LAKE IKEDA ~WORLD WAKE PRE SESSION~
日本語名
WWA公認 アジアウェイクシリーズ in 三好市池田湖 ~世界ウェイクプレ大会~
略称名
アジアウェイク2017
開催期日
2017 年 7月28日(金)~30日(日)
28日(金)アジアウェイクボードツアー予選/決勝
29日(土) アジアウェイクボードツアー決勝
30日(日)ごっつおもっしょい!ウェイクボード大会
会   場
徳島県三好市池田湖特設会場
主   催
アジアウェイクボード協会(AWBA)
共   催
アジアウェイクボードツアー大会実行委員会
公   認
世界ウェイクボード協会(WWA)
後 援
スポーツ庁、観光庁、 徳島県、三好市、三好市教育委員会、四国放送、徳島新聞、エフエム徳島、ケーブルテレビ徳島、ウェイクボーダーマガジン、エフエムびざん
運   営
現地大会実行委員会
大会種目
アジアウェイクボードツアー第2戦、国内ツアー、ウォータースポーツコンプレックス in 池田湖水の運動会
選手数
アジア選手約30名、日本選手約50名、一般参加選手約50名
来場者数
約3,000名
参 加 国
日本、タイランド、シンガポール、マレーシア、中国、韓国、台湾、香港、フィリピン(予定)
クラス
①Novice (Men’s & Women’s) – No spins over 180, No Inverts
②Intermediate (Men’s & Women’s) – Spins up to 360 and up to 2 inverts
③Advanced (Men’s) – Spins up to 540 and no mobes
④Open (Men & Women’s) – Anything goes
⑤Open Wakesurf (Men’s & Women’s)
賞金総額: ¥1,300,000-
*上記内容は予定です。変更される可能性がございます。

ごっつぃ おもっしょい!
池田湖ウォータースポーツコンプレックス

豊かな吉野川の清らかな水に恵まれ、大自然に囲まれた資源を活かした三好市まるごとウォータースポーツコンプレックスとして、あらたな観光資源を活かして地方振興に取り組むスタートをした徳島県三好市。
 観光は総合産業であり、観光を通して地域を豊かにする手段でなければならない。国内外の人々に対して三好市の魅力を発信し、多くの人に訪れていただき、また来たいという気持ちになって帰ってもらうことがテーマである。そのためには、やはり住民がウォータスポーツと大自然を満喫し、心より楽しさをじるようになることが重要であり、その中からユーザーのニーズつかみ取りながら、自分たちの観光資源(商品)をつくっていくことにつながる。
 地域住民で形成される池田湖水の運動会の実行委員会を設立し、様々なアイディアを出し合って住民主体の運動会を開催して大いに楽しみながら大会にボランティアとして関わっていただき多くのアスリートらとのコミュニケーションを高めることで地域のコア(CORE)を誕生させることが重要です。

★ウォータースポーツ体験会
三好市の住民の方を中心にウォータースポーツを楽しんでもらい。池田湖の魅力と自然を満喫してもらい、地域の素晴らしい資源を発見していただきます。
【実施種目】ウェイクボード、ウェイクサーフィン、バナナボート、パドルボード、カヌー、クルージング、他

★未来の世界チャンピオン発掘オーディション
かつて池田高校野球部は、甲子園で全国制覇をし、池田を全国にし、市民に夢と希望をあたえました。世界に誇れるウォータースポーツを楽しむ環境のある池田湖からウォータースポーツで世界に飛び出す才能のあるアスリート予備軍発掘します。オーディションを通過した候補生は、「池田ウォーターボーイ&ガール」として、2018年8月開催される世界選手権大会出場を目指してトップアスリートによるコーチが受けられます。

Go to TOP